トップページ

CMや広告などで、様々な自動車保険の宣伝を目にしますが、実際の細かい内容は、加入してみないと分からないものです。
これからの自動車保険選びは、比較検討してしっかり選ぶ事が重要となってきます。
本サイト「最低限知っておきたい自動車保険」では、さまざまなドライバーの体験談と、保険に関する基礎知識を紹介しています。

自動車保険選びは人選び

私は車を乗り始めて20年弱になります。
その間すべて任意保険に入ってきたのですが、私の自動者保険選びのポイントをお話いたします。

まず何よりも先に、信頼できる会社を選びます。
どんな場合にどれだけの補償がつくのかは大切なことですが、事故を起こしてから分かることも多いので、その話をしっかりと説明してくれる会社、人を選びます。
私の場合、この説明してくれる人が親戚のおじさんだったので、安心しておじさんの言うとおりに入りました。
またその時、同意事故が多いのかについても話をしてくれ、交通安全の大切さについても話してくれました。
もし親戚の人ではない場合には、できるだけたくさんの友人・知り合いから情報を集め、親身になって相談してくれる会社や人を探しましょう。
こういう会社・人は、実際に事故が起きた場合、本当に親身になって助けてくれます。
事務的に対応する会社・人はやめておいた方がいいと思います。

車を高値で売りたいなら

  • 車の買取査定は売る業者ごとによって数十万円の差額が生まれる場合もありますので、比較して売却することは重要です。ユーザー満足度の高い比較査定サービスや損をしないための豆知識など役立つ情報満載のサイトがコチラです。
  • 引っ越しにかかる料金は会社によってビックリするほど差があります。なので複数の会社を一括見積もりをして価格を比べることはとても大事なのです。

理想的な保険会社の選び方

会社・人選びで大切なことは、自分の家の近くに会社・人がいる、ということも大切です。
すぐに駆けつけてくれたり、こちらからも行くことができるからです。
できることなら毎月の振込ではなく、自分でその人や会社に支払いに行きましょう。
多少面倒ではありますが、保険は人と人とのつながりが大切だと思います。

中身についてですが、やはり月々の値段も重要ですが、最悪の事が起きた場合の保険を考えましょう。
備えあれば憂いなし、ということです。
いつ何時、どんな事故を起こすか自分には予測できません。
それが事故であり、それをカバーするのが保険です。
保険に入っていたけど、その事故に関しては保険がきかない、なんてことにもなりかねません。
最悪の事態を考えておくことです。そのうえで、費用を考えるとよいでしょう。
どこの会社でも事故を起こさなければ、また年齢等の条件により、安くなってきます。
そんなことも実際、担当者と会って、文字で確認しましょう。

保険は人選びが大切です。
できるだけ信頼できる人・会社を選ぶこと・探すことをすすめます。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ